“ えしけん日記 ”

江下選手の日々想うこと・・・

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<< 関東シクロクロス第2戦 秩父 | main | シクロワイアード ロードインプレッション >>
東北シクロクロス第4戦 SUGO
今回は東北シクロクロスへ。
オフトレの一環として参戦しているシクロクロスだけれど、できるだけ今まで走ったことのない会場、コースへ今年は行こう!ということで、今回は宮城県まで遠征してきました。

到着すれば真っ白。昨晩から降り続いた雪で会場は積雪5cmほど。モトクロスのレース会場というこのコースはアップダウンとコブが特徴のテクニカルコースだ。雪の下は粘土質の土、もし雪がとければ厄介な泥となることは予想できたが、試走の段階では雪上だった。

僕が走るカテ1の頃、そこまで一生懸命走ってくれたカテ3、カテ2の皆さんのおかげでコースの雪はとけ、完全マッドコンディションに。 「シクロクロスはこうでないとね!」なんて言うくらい「泥」的感じでスタート。

カテ1には、先週終わったばかりの全日本選手権で2位の小坂光くん、5位の横山航太くん、7位の小坂正則さん、9位の山田誉史輝くん、11位の前田公平くん、12位の兼子さん、そして武井亨介くんと、豪華メンバーがそろっていて、オフトレ気分の僕にはちょっと場違い!?な結果となる予想もしながら前を追う。

ぐちゃぐちゃで滑る泥の路面と深いギャップ、そして強風をプラスした寒さとで、脚よりテクニックが重要なレースになった。
僕は中盤から5位まで順位を上げ、光〜航太〜小坂さん〜誉史輝〜僕の順。最終ラップに入り、前は1分以上で後ろは20秒という状態、そのまま5位のゴールを目前に、前輪に泥がてんこ盛りとなり車輪ロック。最終周回の下ってゴールというところで「ストップ」した。
止まって泥を手でかき出すが粘りとこびり付きですぐには取れず、後方から来た兼子さんにパスされ結局6位フィニッシュとなった。残念・・・・。

そんなこんなで今回のSUGOはテクニカルで、とても走りがいのあるレースでした。
また得るもの多く、有効なトレーニングになったことは間違いないかな!
 




| シクロクロス | 23:46 | - | - |
このページの先頭へ