“ えしけん日記 ”

江下選手の日々想うこと・・・

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
<< シクロクロス・GPミストラル第2戦 in 前橋 | main | 東北シクロクロス第4戦 SUGO >>
関東シクロクロス第2戦 秩父
11月30日(土)今日はお店をお休みさせてもらってシクロクロスのレースへ。
関東シクロクロスシリーズ第2戦の秩父は標高700mの山岳コース。シクロクロスで走るが速いか、MTBで走るが速いか、というほど細かいアップダウンとコーナーが入り乱れたテクニカルなコースだ。

ひと昔前の元祖“信州クロス”はこんなアップダウンとコーナーが激しいコースはあったが、今はどこも難易度は低くなり、直線番長が結果を出せる脚勝負のコースが増えたことは確かである。
しかし、あまり知られていなかった「シクロクロス」という競技が今、すごい勢いで広まり人気が出てきているのは、ロード乗りの方や初心者の方が容易に始められる簡単なコースで開催することで、多くのライダーに気負わず参加してもらえる、という部分に主催者や普及者が気付いて実現したことに尽きる。

さて話を戻しここは秩父。
レースはAJOCC(日本シクロクロス協会公認)ということでC1(カテゴリー1)のクラスで走る。C1は少なく13名ほど。
スタートして勢いよく森に入っていくと、前の選手たちはラインを外しミスを連発して僕は2番手に。
トップを走る3UPの三上さんとすぐに2人となり、3位以下は見えなくなった。
お互いに先頭を代わり多少の仕掛けはあるものの決定的にはならなかったが、ラスト15分で三上さんが渾身のアタック。
僕は反応できず10秒ほど離され最終周回へ。ラストまでその差を埋められずに2位でゴールした。

関東シクロクロス第2戦・秩父C1、2位表彰台でした。

今回は特にテクニックの部分でよいトレーニングになった。
シクロクロスは時間も短く、繊細な技術を身に付けるのに有効だが、オフとしては強度がちょっと高い。
オフトレはやるべきことが多く、オフの短い時間でどれだけそれらをこなすか、それが大事である。
しっかりオフトレを進めたい。
 







| シクロクロス | 00:24 | - | - |
このページの先頭へ